· 

家庭と仕事の両立

男は仕事をし、女は家を守る
なんてことは、決して思っていない。

特に私は自営業ですので、ある程度自由に働く量を決めることができる。

ただ、収支状況が赤い状態が続く中で、多少なりともお客様のニーズを感じるにも関わらず営業を縮小せざるを得ない現状に非常にもどかしさとストレスを感じる。

ふぅ。
今考えると、おごりだが、
他人に動きを制限されるのが嫌で会社を辞めたのに、まさか一番近い人に最大の拘束を受けるとは。全くもって情けない。

とにかく、現在の赤い状況を打破するために、新しい1歩を踏み出すことが、早急に求められている。頑張ろう。